読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京―ショートショート―

 

東京の街に出て来ました.

あい変わらず

わけの解らない事言ってます.*1

 

 

 

 東京に遊びに行っていました.

時間はあるけど金は無い(本当は時間も無いけど)んで

青春18きっぷで10時間くらいゆらゆら揺られて行きました.

 

電車での移動は色々な事を考えられるし,周りの景色もめくるめく変わっていくからとても好きで,

でも色々な事を考えすぎて落ちこんでしまったりするから良い様な悪い様な.

最近身の回りにおこった色々な事を考えて,反省したり喜んだり.

 

電車の中で何の気なしにTwitterを開いてみると

 と,書いてあって

ru-to.blog.houyhnhnm.jpこの前の雑記でキイチビール&ザ・ホーリーティッツのLIVEに行きたいと言ったばかりだったので

インストフリーLIVEと言えど,テンションが上がって,

東京に着くや否や(as soon as!! ⓒタイムマシーン3号タワレコに直行した.

渋谷店限定の特典デモ盤も手に入れてLIVEも観れてメンバーとも話せて,サインも貰ってホクホクだった.

それでイベントの参加特典として配られたのが3/11に公開予定のパウエルのPV先行視聴QRコード

youtu.beもちろんもう公開されていて,もちろんLIVEでも演っていた.

パウエルを歌う前にキイチ君が高校3年生の頃に3.11で被災した話をしていて,

東京に来ることが決まっていて,故郷を置いていく様な罪悪感を感じていた事や,

東京に来て沢山遊んだ事や,そんな色々な事をひっくるめて自分を肯定する曲と言っていて.

なんだかとてもグッと来た.

 

九州の田舎で育った僕はずっと東京に憧れていた.

欲しいものは近所に全然売っていなくて,雑誌や漫画は発売日から数日遅れて書店に届き,遊ぶところも無くて,ドラッグストアでデートをしてしまう様な所だった.

馬鹿みたいな話だけれど東京に行けば何かが変わるとずっと信じていた.

僕が高校2年生の頃に3.11が起こって,周りからはわざわざ首都圏の大学を受験するなんて...と,言われた.

それでも僕は東京の大学を受験した.

そして失敗した.

浪人してまた受験したけどまた失敗して,結局九州から関西までしか北上できなかった.

今でも偶に東京に行きたかったなぁと思ったり,でも今の生活があるのは関西に居るからだよなぁと思ったりして,

その度に2つの気持ちの折り合いがつかなくて落ちこんでしまったりする.

今は流石に「東京に行けば手放しに色んな事が上手くいく」なんか思っていないし,

関西でも欲しいものは充分買えるし,雑誌も漫画も発売日に買えて,遊ぶところも沢山ある(遊ぶ相手が居ないのはまた別のお話か...).

満足してると言えば満足している.でもやっぱりまだすこしだけ東京に憧れていたりする.

だから偶に東京に遊びに行っては「東京は不思議な魅力と怖さを兼ね備えている街だ.」なんて事を思う.

 

 

東京には魔物が棲んでおります.*2